FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひまさま

20090530035714
夢を見ました。

旅する芸術家(男性)のペットになる夢でした。

私は、道案内をするでも、芸をするでもない
ただひたすらSEXをして養ってもらうペットでした。


明らかに寝る前に読んでいた漫画の影響でして

それは、おフェミの方が読んでいたら鬼化するだろうなぁというような
女性を性奴隷(絶対服従する人形だとかペットだとかお手伝いさんだとか、弱者である部下とか妹とか手下とか?)として扱う

まーよくあるエロ本だったわけです。


そんな内容のエロは溢れてますから
読んでいて嫌悪感に包まれることは殆ど無いのですが(むしろ面白がって読んでいるわけですし)

現実世界での、女性を性奴隷として扱うような事象に対しては
吐き気がするほど嫌悪感を持ってしまう私であります。


さてさて、そんな中途半端な自分が、性専用のペットになる夢を見て、どう思ったかといいますと


なんか・・・・幸せ(はーと)



馬鹿げています。


しかしながら
私という人間のSEX以外の全ての要素(人格やら外見やら肩書きやら経済力やら)を排除し
ただただ、私とのSEXのみを愛し求める人間と過ごすということは
なんと分かりやすくて楽チンなのだ!!
と・・・思ってしまったのであります。


あー・・・おフェミの方にはたかれそう。


いやいや、実際にはそんな風にはなりたくないですよ。有り得ないですよ。気持ち悪いですよ。



にしても、何故に自分を性奴隷として扱う夢を見て
そして幸せを感じてしまったのか・・・を考えてみると

男性に対してSEX以外の提供物が無いという悲しい意識であり
自分に自信のないことの現れであり
楽して生きたい選ばれたいという怠け精神であり
依存願望であり

結局のところ、そういうところから生まれだした心なのだろうなぁ
という気がします。


SEXに自信の無い男性が、女性を性奴隷として扱う漫画を見ることで満足するのと同じような心理でしょうか(偏見だったらごめんなさい)。


まー、ともかく
私は、おフェミの方もニッコリ微笑むような、しっかりと自立した女性になりたいと思っていますので
弱っちい心は捨て置いてフンフン頑張ろうと思いますです。


なので、男性も漫画や妄想の世界に浸り込み過ぎないよう
現実世界でのSEX磨きをどうかどうか頑張って下さいませ。

草食男子がブームだ云々と言われていますが
草食動物の世界でも、種を残せない弱いやつは消えていくものなのでしょうから
弱い心や弱い自分に甘えず、力強く生きて頂きたく思いますです。

うん。

男子も女子も強く生きよう!
未来の日本の為に!←なんでそんな話に・・・(; ̄Д ̄)



にしても、なんで暇になるとエロ本を読んじゃうのかな~。

きっと、暇とエロは太い道で繋がっているに違いない(・o・)

おひまさま

20090530035422
夢を見ました。

旅する芸術家(男性)のペットになる夢でした。

私は、道案内をするでも、芸をするでもない
ただひたすらSEXをして養ってもらうペットでした。


明らかに寝る前に読んでいた漫画の影響でして

それは、おフェミの方が読んでいたら鬼化するだろうなぁというような
女性を性奴隷(絶対服従する人形だとかペットだとかお手伝いさんだとか、弱者である部下とか妹とか手下とか?)として扱う

まーよくあるエロ本だったわけです。


そんな内容のエロは溢れてますから
読んでいて嫌悪感に包まれることは殆ど無いのですが(むしろ面白がって読んでいるわけですし)

現実世界での、女性を性奴隷として扱うような事象に対しては
吐き気がするほど嫌悪感を持ってしまう私であります。


さてさて、そんな中途半端な自分が、性専用のペットになる夢を見て、どう思ったかといいますと


なんか・・・・幸せ(はーと)



馬鹿げています。


しかしながら
私という人間のSEX以外の全ての要素(人格やら外見やら肩書きやら経済力やら)を排除し
ただただ、私とのSEXのみを愛し求める人間と過ごすということは
なんと分かりやすくて楽チンなのだ!!
と・・・思ってしまったのであります。


あー・・・おフェミの方にはたかれそう。


いやいや、実際にはそんな風にはなりたくないですよ。有り得ないですよ。気持ち悪いですよ。



にしても、何故に自分を性奴隷として扱う夢を見て
そして幸せを感じてしまったのか・・・を考えてみると

男性に対してSEX以外の提供物が無いという悲しい意識であり
自分に自信のないことの現れであり
楽して生きたい選ばれたいという怠け精神であり
依存願望であり

結局のところ、そういうところから生まれだした心なのだろうなぁ
という気がします。


SEXに自信の無い男性が、女性を性奴隷として扱う漫画を見ることで満足するのと同じような心理でしょうか(偏見だったらごめんなさい)。


まー、ともかく
私は、おフェミの方もニッコリ微笑むような、しっかりと自立した女性になりたいと思っていますので
弱っちい心は捨て置いてフンフン頑張ろうと思いますです。


なので、男性も漫画や妄想の世界に浸り込み過ぎないよう
現実世界でのSEX磨きをどうかどうか頑張って下さいませ。

草食男子がブームだ云々と言われていますが
草食動物の世界でも、種を残せない弱いやつは消えていくものなのでしょうから
弱い心や弱い自分に甘えず、力強く生きて頂きたく思いますです。

うん。

男子も女子も強く生きよう!
未来の日本の為に!←なんでそんな話に・・・(; ̄Д ̄)



にしても、なんで暇になるとエロ本を読んじゃうのかな~。

きっと、暇とエロは太い道で繋がっているに違いない(・o・)

愛し合ってますか?

20090504220052
どうしましょう、このブログ・・・

という感じで一ヶ月強が過ぎました

コメントを下さった皆さま、本当に有り難うございます

ありがたや、ありがたや



今日は「NHKのど自慢」を観覧しに行ってきました

明日のお昼に放映なので、お暇な方は是非見て下さいまし

アニソン大会です(笑)

会場の盛り上がりに心が震え、私は若干泣いてしまいました(笑)

実はアニメってあまり見ないのですが感動しました(笑)


その熱気

その愛情表現

燃えたぎるアニソン愛

うむ


愛は素晴らしい

愛は心地いい

愛はなんか泣ける

愛は懐かしい

愛は寂しい

愛はよう分からん

愛ってなんですか?

まぁただの感情か



というか、ブログどうしましょう

というか、人生どうしましょう

ちと考えますわ

ではまた

とある ヒキコモリとひきこもりとひきこもりのお話

20090321215321
一匹のヒキコモリが寝転んでいます。

ヒキコモリはくる日もくる日も朝から晩まで家にこもり
今日はコンビニの店員さんとしか会話をしなかったなぁ…という日常が1ヶ月続いても至って平気な
程度でいうと中級くらいのひきこもりです。

かれこれ十年近くにもなるひきこもり生活は、ヒキコモリの人生にピッタリと張り付き
ヒキコモリとひきこもりはとても仲良く穏やかに暮らしていたのでした。

「ひきこもりくん。僕と君とは一生のトモダチだ。他には何もいらない。」


そんなヒキコモリがある日、アダルトビデオの仕事を始めました。

たまに東京へ行き一日二日働きそして家に帰るというゆったりとしたスケジュール。
これはヒキコモリにはエラく都合のよい活動内容でした。

ヒキコモリにとって、一~二ヶ月に一度の外界(それも大都会)との交流は、とても貴重な体験でしたから
それは、ひきこもり生活では感じることのないストレスであり、大きな喜びでもあったのでした。

「外は怖い。外は嫌だ。でも楽しいと感じてしまうんだ。ひきこもりくんはどう思う?」


また、ヒキコモリはひきこもりと同時に見栄っぱりとして生きてもいました。

自分に関わろうとしてくれる数少ない人間に対しても、真性中級のひきこもりであることがバレないように、距離をとった付き合い方をするのです。

連絡をしなければ「ヒキコモリは他の知り合いと共に毎日楽しく過ごしているのだろう。」と思ってくれるだろう!!との魂胆でした。

ヒキコモリは自らひとりぼっちになる道を、ズンズンズンズン歩いてしまうのでした。

「僕をこの道に進ませる為に、君が見栄を見つけてきたの?それとも、見栄が君を見つけたの?ひきこもりくん。」


2年半ほど経った頃、ヒキコモリはアダルトビデオを辞めることにしました。

「どうして辞めるのか?」と、ある人から聞かれたとき
「悩み抜いて始めたわけではないので、辞めるときもなんとなく辞めるのだ」とヒキコモリは答えました。

しかしそれは嘘なのです。
しかしそれは本当でもあるのです。

悩み抜いたふりをして、何にも考えていなかった可能性もあり
何にも考えていなかったふりをして、悩みに悩んでコトを決めた可能性もある。
ヒキコモリにとっては、始まりも終わりもそのようなものでした。


ヒキコモリには、自分の感情や考え、真実も真相も本当も本音も、思い出せない、何も分からない、何もない、そういった感覚があったのです。

自分の心の中が分からないので、自分の中心も、自分の正面も、全く把握できないヒキコモリ。
傾いた状態でしか他人と触れ合うことが出来ず、真っ正面から向き合いたいのに、どの部分が自身の正面であるか分からない。
その悲しさと情けなさは、ヒキコモリのひきこもりを益々加速させるのでした。


仕事を辞めるにあたって、ヒキコモリは幸運にも、自分の送別会をひらいてもらえることになりました。
送別会の前日、ヒキコモリはブログを更新しようとしています。

_________
寝れないよぅ。
寝れないんだってばよぅ。
昨日も全然寝れてないのによぅ。
カバンの中に入れてた筈のバナナが、行方不明だよぅ。

最後
終わり
寂しさ
嬉しさ
後悔
感謝
とめどなく
瞼が腫れてくるよ。
でも瞼は重たくならないよ。

そういえば、最後の撮影が終わったとき、私は泣いてたらしいす。
今日、高槻さんに言われて、そうだっけなーと思ったのですが

よくよく振り返ってみると、確かに私は泣いていました。
お風呂場で、身体にまとわりついたローションを流しながら、ビービー(泣き声)ゆうた記憶が蘇ってきますです。

どうやら脳内から抹消していた様だけど、やっとこさ今思い出しました。
でも、そのときの感情は分からない。
明日の感情も、勿論今は分からない。

とにかく今言えることは
明日は涙腺にフタをします。マスカラが落ちるねんもん。
あと、会いに来てくれる人、海パン忘れに注意!!
_________

しかしヒキコモリは結局これを更新しませんでした。
書き終えたのち「泣き虫アピールや気丈アピールみたいで気持ち悪い」と思ったからです。
ヒキコモリは、裏を返しても、そのままでも、どちらにせよ素直ではない生き物なのでした。


その翌日、寝不足のカンカラ頭で迎えた送別会は、スタッフさんと来てくれた全ての人の優しさに溢れた、素晴らしいものでした。

「爆発しそうなほど詰まった感謝の気持ちを、全ての人に伝えたい」
ヒキコモリは思いました。

伝えたい、沢山の言葉がありました。

しかしそれらを口にすることが、ヒキコモリにはできませんでした。


口にすると、ヒキコモリの今までの全てが、伝わってしまうと思ったのです。
伝えたい。けれど、伝わってしまう。

送別会に来てくれたみんなの言葉や優しさの全てが、本当に嬉しかったこと
スタッフのみんなのことが、本当に大好きだったこと
嬉しくて嬉しくて、大好きで大好きで、そこ離れるのが寂しくて悲しくて、たまらなく苦しいこと

でも、それを伝えたら、ヒキコモリが真性のひきこもりなのが、みんなにバレてしまうんじゃないか…
ビデオの存在がどれだけ大きかったか、そこに関わる人達のことがどれだけ大切だったか
それを知られたら、誰もそばに居ない、何にもそばにない、何もない、情けないないクズのようなひきこもり人間だとバレてしまうんじゃないか、と思ったのです。

ヒキコモリは最後の最後に、真っ正面を発見して人と向き合おうとしたけれど
未知のものに怯え、最後の最後まで見栄をはり、やっぱり少し斜めにしか向けなかったのでありました。


ホテルの部屋に帰り、ヒキコモリはビービー泣きはじめました。
お土産に頂いたものを見て泣き、寄せ書きの色紙を見て泣き、お風呂の中で思い出して泣き、お布団の中で涙が止まらず泣きました。

弱っちいヒキコモリが、阿呆の子のように泣くのはいつものことです。
出来ないことが悔しくて、情けなくて、後悔でいっぱいになって、何かしら泣いてばかりなのです。

最後の撮影の日も「これで終わりなのにやっぱりちゃんと出来なかった」と泣いていたのです。


しかしながら珍しいことに、その送別会の後には、嬉しくって嬉しくて涙を流していました。

最後にきちんと感謝を伝えられなかった後悔は耐え難くあるけれど、それ以上に喜びが大きすぎのです。


バカで駄目で情けない奴だけど、自分は幸せものなのだ、幸せで幸せでたまらんのだ
と、ヒキコモリは鼻水を垂らして震えました。

そして、気付きました。
自分がいつも言い訳をしているという事実に。

出来ないこと、失敗すること、後悔すること、ダメなこと
全てひきこもりだ、ひきこもりのせいなんだ
ひきこもりだから仕方ないんだ…

ヒキコモリはそんな風に思って生きてきたのです。

ひきこもりを原因にあてはめると辻褄は合うけれど、自分の選んだ道を否定し続けてきたのか
ヒキコモリは虚しくなりました。

それならひきこもりをやめたらいい。でもやめられない。
それなら失敗することをやめたらいい。そんなことやめられない。

ではどうしたらよいのか。












そうだ!!彼氏を作ろう!!!!

ふふふ…。睡魔とファイトしながらも感傷的になり長々書いていたら、何がなにやら、何を書きたいのか忘れてしまいました。
というか、なんなんだろうこれは。支離滅裂じゃないか。わけが分からないくせに長いじゃないか。
まっ、たまにはネッ(>▽<)ゞ←本当にたまにか?

ヒキコモリのお話はグチャグチャで、尚且つマダマダ続く…死ぬまで…
ということにしといて下さいまし。



そして、こんなバカな文章よりも、何よりも読んでほしいこと。


有り難う。
来てくれた皆さん、ガスのスタッフ皆さん、カメラマンさん、お手伝いに来てくれた中村京子さん、みんな大好き。大好きです。
心から、有り難うございました。
楽しかった送別会、一生忘れません。


今度お会いするときに真っ正面から向き合えるよう、精一杯頑張ります。
(なるべくひきこもりをやめ外をウロウロするようにしますので)もしどこかで見かけたら、声をかけたって下さい


今日は丸一日、まぶたがパンパカパン状態で、目の開きが半分くらいの杏美月でした。
あいやー。

眠い眠い眠い。寝よう。



本当に有り難う。

ヘパリン

20090309233322
スノボで大転倒し、足をアザだらけにしてまいました・・・。

20日にはイベントがあるというのに、あわわわわ
と思っていたらば

おっぱいをペンペンされたSMの撮影で、スタッフさんが私にプレゼント(?)してくれた
アザ消しのお薬がどこからともなくポロリと出てきまして、なんとか一安心。

いや~、こういうときの為に、おっぱいペンペンもされとくべきだなぁ!!わっはっは!!
撮影時、隣で見ていた高槻さんは私よりも辛そうな顔をしていましたけどね・・・。


さてさてさて、前述しましたように
来週末、20日(金曜日・祝)に杏美月最後のイベントがあります!!!

「一緒に桧風呂に入って送別会&撮影会」という、なんとも素敵な内容でありまして
私としては、もう既に心がウキウキしていますし
皆さんとお会いできるのはこれで最後かと考えると、物凄く緊張もしてきます。

13日が締め切りなのかな?まだ募集しているようなので、お時間がある方はどんぞおいで下さいませ(^-^)/

当日は、祝日といえども金曜日ですので、お仕事の方もいらっしゃると存じますが
その皆さんは日本経済の為に頑張って下さいの(なんという無責任)!!


ではでは
詳しくはGASのHPをご覧下さいましm(..)m

とにかく楽しみにしてます♪おやすみなさーい。
プロフィール

あんみつき

Author:あんみつき
おっぱいみたいに 柔らかく、暖かく、しっとりしてて、ぽよんぽよん?そんなブログを・・・そんな人間を目指します!笑

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新の記事
全ての記事を表示

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
コメントプレビュー

Powered by FCafe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。